人生、切り返しますよ?

パニック障害の音楽家、出ますよ?

道を歩く。

こんにちは。


あなたの歩く道って、どうですか?
舗装されていますか?それともがたがた道ですか?


時には足をくじいてしまうかもしれません。
荒れた道を全速力で走ることは危険です。
たまには「走るの嫌だ」という人もいるかもしれません。
それもまた正しいと思います。


「けがをしない」


これに間違いはありません。


しかし、それでも覚悟して走らないとだめだとか、
世の中には理不尽がいっぱいあります。
私は工場勤務でうつやパニック障害をわずらい、
退職しましたが、自己都合で処理されました。


ただひとつ救いがあるのは、私がうつに落ちたことで
職場の模様替えが始まって人員配置が換わり
機械の故障率の低い環境に整備されたことです。


私がくじけたことで結果的に改善したのです。


皮肉ですがそれが事実です。


だから、あなたのくじけも、誰かの役に
立っているかもしれませんよ?
無駄なことなんかじゃなかった。


このままではダメだと証明された。
改革しますよね?


変えたい、変わりたい。
でもそう簡単にはひとは変わりません。
変わりませんが、徐々に動きます。
変化していないようで日々変動しています。


その日によってやりたいことって変わります。
おんなじ味のお料理ばかりでは飽きます。


カレーばっかり食べていたい人もいるかもですが!


結論。


勝手に結論ですが、音楽的なスランプ期、
落ち込みが来ているようです。
何がいいのか?どんな歌詞も気持ち悪く感じ
どんな音符もくるった朝日のように感じました。


これを抜けていく。
超えて行く。


何もしなくてかまいません。
生きるということは、それ自体が山登りです。
無理をすると遭難します。


ガイドだって必要かもしれません。


お金もかかるかもしれません。


それでも上るのは、頂上を目指すと
快感物質が出るからです。


自分はやれる。
その証明ができるから。


きっとできる。
自分に言い聞かせます。
すると、また明日はきっとできるさと
適当な匙加減でも満足できます。


現実逃避?
現実逃避していない人間なんているのでしょうか。
明日なんて確実じゃないです。
極端な話、1秒先も未来のうちです。


あるかもわからない未来にみんな一生懸命になってる。
ひきこもりの方も自分との戦いです。
性同一性障害の方も自分との戦いです。


みんな戦っている。


生きれば勝ちです。
生きるのをやめたら負けです。


そして第三の選択肢として「引き分け」があります。
これこそが、人生に疲れっちまったひとを
明日へと導くのです。
勝敗をつけない。


長くなりました。
読む人いるかな。(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。